tusyama

津山市の
不動産売却について

tusyama

津山市を取り巻く
不動産状況
を知って
「売り時」を把握しよう

「不動産を売りたい」と思っていても、「売り時」を見極めることはプロでも難しいと言われています。岡山県北(津山市・真庭市・美作市・鏡野町・勝央町・奈義町・美咲町・久米南町)で不動産売却を行う「不動産売却革命(鶴山不動産)」は、地元業者ならではの知見を活かし、最適なタイミングでの売却をサポートいたします。このページでは、津山市の不動産状況と、周辺環境についてご紹介します。「もしかして、うちの不動産も売り時かもしれない」と思ったら、ぜひ当社にご相談ください。

津山市の市況

津山市の市況

津山市の住宅地は、数年の間に公示地価が下落の一途をたどっています。下落幅は大きく、10年にも満たないうちに13%程度の変動が見られます。さらに近年の公示地価に関しては、住宅地・商業地ともに前年比マイナスとなっています。

下落理由のひとつに挙げられるのが、人口の減少です。津山市では数年の間に約5,000万人もの人口が減少。さらに空き家も増加傾向にあり、「家が余っている」状況にもなりつつあります。こうした背景から、人の流れも県内に二大都市である岡山市、倉敷市に集中。ここに大きな商業施設も建設されたことから、買い物や仕事に便利な都市に人が集まり、現在のような状況が生まれたのです。

津山市の人口は今後さらに減少することが想定されます。買主となる若い世代の人口もさらに減っていくでしょう。こうした事態から考えられるのが、さらなる土地価格の下落です。今津山市に不動産をお持ちの方は、これ以上価格が下がる前に売却を検討してみてはいかがでしょうか?

真庭市の市況

真庭市の人口は、近年減少傾向にあります。これは主に若い世代が都市部や他の地域に就職や学業のために移住し、高齢化が進行していることに起因しています。また、出生率の低下も人口減少の要因の一つとして挙げられます。人口減少は地域経済や社会基盤に影響を及ぼし、地元のコミュニティにとって課題となっています。
人口減少と関連して、真庭市では土地価格の下落も見られます。需要が低いため、不動産市場での競争が激しくなり、土地や不動産の価格が低下しています。これは地元の不動産オーナーや投資家にとっては収益の減少を意味し、地域経済にも影響を及ぼしています。

真庭市の人口は今後さらに減少することが想定されます。買主となる若い世代の人口もさらに減っていくでしょう。こうした事態から考えられるのが、さらなる土地価格の下落です。今真庭市に不動産をお持ちの方は、これ以上価格が下がる前に売却を検討してみてはいかがでしょうか?

美作市の市況

美作市の人口は、2005 年(平成 17 年)3 月 31 日に 6 町村が合併して市制が施行されて以後、減少し続けています。
それに伴い高齢化と少子化が進行している傾向にあります。
人口減少の一因として、美作市では空き家の増加が顕著です。高齢者が亡くなったり施設へ移ることにより、住居が空き家となるケースが増えています。これにより、市内には未利用の住宅が多く存在し、地域社会にとっても問題となっています。空き家は風化や荒廃の原因となり、地域の美観を損ねる可能性があります。
また土地価格も下落傾向にあります。今美作市に不動産をお持ちの方は、これ以上価格が下がる前に売却を検討してみてはいかがでしょうか?

売却のタイミング

売却のタイミング

不動産売却を検討している方なら、「少しでも高値をつけたい」というのが本音でしょう。不動産は、売却タイミングによって売値が変わるので、「売り時」を見極めるが重要になります。

まず見極めたいのが「相場の動き」です。「価格が安い時期に買ったものを高い時期に売る」のがベストと言えます。ただし不動産相場には波があり、たとえば2007年から2008年に上層傾向だった相場が、2008年9月のリーマンショックを機に大幅に下落。その後2011年の東日本大震災を経て相場の下落傾向が続き、アベノミクスが始まった2013年以降は上昇しています。

ただし、この「波」を見極めるのはプロでも難しいのが実態です。そのため、一般的には「購入時より相場が上がっていれば売り時」と考えると無難でしょう。

また、売却タイミングに見極めで見逃せないのが「季節」の問題です。新学期や新年度が始まる4月までに引越しを検討する人が多いことから、1月から3月に住宅を買う人が多い傾向にあります。この時期なら不動産の売却がしやすいと言えるでしょう。

津山市の人口と空き家率

津山市の人口と空き家率

津山市の人口は、前述の通り減少傾向にあります。2015年に津山市が発表した資料を詳しく見てみると、2015年の総人口が10万2,352人だったのに対し、2022年には9万7,655人まで減少していることがわかります。減少傾向は将来にわたって続くと予測されており、2030年には8万7,078人、2050年には6万5,096人と、7万人を下回ると考えられています(※)。このことから、仕事や生活が都市部に移ることも想定され、地域の活気を保つことは今以上に難しくなるでしょう。

加えて、津山市は空き家問題も抱えています。津山市の空き屋数は1万以上になります。2010年代前半には9,000程度だったことを考えると、数年で一気に増加したことがわかります。このことから、津山市では「家が余っている」状態が続いており、不動産の価値がどんどん下がっていると考えられるのです。

今後売りづらくなる可能性!?

今後売りづらくなる可能性!?

人口減少や少子高齢化などの影響により、「家を建てる世代の減少」が危惧されています。また、空き家の増加も、不動産の価値を低くする要因として見逃せません。国や県も、こうした状況にさまざまな施策を講じていますが、人口減少にどう歯止めをかけるべきか、具体的な解決策を打ち出せていないのが現状です。

人口減少のほか、津山市では公共事業の減少によって、住宅地の公示地価下落、中心街の空洞化などが進んできました。また、都市部への人口流出も大きな問題となっています。

このような状況から、不動産の価値が今より下落する前に、タイミングを逃さず売却することが重要と言えるでしょう。不動産売却においては、相場の「波」を見ることが重要ですが、普段不動産売却に携わっている方でもない限り、難しいこともあるでしょう。そんなときは、津山市の土地に詳しい不動産売却業者に相談しましょう。地域の不動産情報を知り尽くした業者であれば、お客様に寄り添ったプランを提案してくれるはずです。