empty

空き家に
なって困っている

empty

知っておきたい、空き家を
「放置」
する危険性

所有している不動産の管理ができず、空き家化してしまうケースは少なくありません。しかし、空き家にはさまざまな「危険」が潜んでいることをご存じでしょうか? ここでは、岡山県北(津山市・真庭市・美作市・鏡野町・勝央町・奈義町・美咲町・久米南町)で地域に根差した不動産売却を行う「不動産売却革命(鶴山不動産)」が、空き家の危険性や対処法について紹介します。空き家管理にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

空き家にしておくことの危険性

空き家にしておくことの危険性

「地元に不動産を所有しているが、空き家化してしまっている」という方は少なくないでしょう。遠方に住んでいる場合管理は大変ですが、空き家をそのままにしておくと、固定資産税がかかり続けるほか、さまざまなリスクが発生します。

劣化により価値が下がる

劣化により価値が下がる

最初はきれいでも、空き家のまま放置していると時間の経過によって建物が劣化し、価値が下がるリスクがあります。また、家の一部分が壊れてご近所に迷惑がかかったり、第三者に危害が加わったりすると、損害賠償に発展するリスクもあるでしょう。

犯罪を呼び込むリスクがある

犯罪を呼び込むリスクがある

家を管理する人がいないと、犯罪者の拠点になるほか、放火などのリスクも高まります。

衛生状態が悪くなる

衛生状態が悪くなる

空き家になったことで、そこが害獣・害虫の住処になることもあります。野生生物による臭気や侵入で、近隣の衛生状態が悪化することもあるでしょう。

空き家活用方法

放置すると社会問題にもなる空き家ですが、さまざまな活用方法があります

売却する

売却する

空き家の売却は大きく分けて2種類あります。土地・建物両方を売却する場合、固定資産税や維持管理費などがかからなくなるうえ、建物の維持管理の手間が不要になります。建物を解体し土地だけを売却するなら、古い家が付いている土地よりも高く売れる可能性もあるのです。また、自治体によっては解体費用を補助金でカバーできるケースもあります。

賃貸物件として活用する

賃貸物件として活用する

誰も住んでいない空き家を、賃貸物件として活かす方法もあります。「ファミリー向けの戸建て賃貸」「シェアハウス」「民泊経営」などが挙げられるでしょう。ただし、注意点もあります。戸建て賃貸の場合、空室が出ると収入がゼロになってしまうため、入居者募集と管理会社選びは慎重に行いましょう。また、シェアハウスや民泊は、不特定多数の人が出入りするため、トラブルや騒音対策をしっかり行うことが重要です。

家を解体し更地にする

家を解体し更地にする

家を解体し、更地にして活用するのもひとつの方法です。駐車場にしたり、事業に貸し出したりできます。

空き家を売却した事例

空き家に関して「売れないだろう」と思っている方はいませんか? 築年数の古い空き家でも、リフォームなどで売却の可能性を広げることができます。ここでは、そんな売却事例を紹介します。

CASE1:築年数が古く売却を諦めていた物件

CASE1:築年数が古く売却を諦めていた物件

「築50年近い木造2階戸建て」を所有されていたお客様の事例です。「築年数が古いので売却は諦めていた」とのことでした。内部には築約50年の経過年数を感じさせる箇所があったので、リフォーム工事を行い、昔ながらのダイニングキッチンは明るく広々としたLDKに。キッチン、風呂、洗面、トイレなど水回りもすべて一新しました。広い和室も新装し明るい空間に。その後すぐに買主様が見つかりました。

CASE2:思い出の詰まった飲食店を同業者に売却

CASE2:思い出の詰まった飲食店を同業者に売却

お母様が営んでいらした飲食店を売却できた事例もあります。このお客様の場合、ご自身は後を継がなかったため、廃業後は放置状態でした。そこで当社にご相談いただき、いったんは更地にせず店舗を残して売却することに。多少時間はかかったものの、「雰囲気を残しながら新しくお店を開きたい」という買主様に出会うことができ、思い出の残る不動産を売却することができました。

「不動産売却革命(鶴山不動産)」では解体のお手伝いもいたします

「不動産売却革命(鶴山不動産)」では解体のお手伝いもいたします

空き屋が老朽化すると倒壊や建材の飛散が懸念されるため、近隣に被害が出ないうちに解体を検討する方は少なくありません。更地にすることで、買い手が取り壊しや改修などの負担を軽減することができます。これにより、土地の価値が上がり、高い価格で売却できる可能性があります。古くなっている家を建てたままにするより、更地にしたほうが高く売れる可能性があるうえ、家の管理の手間もなくなります。

ただし、解体時には「解体業」の免許を持つ専門業者に依頼する必要があります。こうした会社はホームページを持っているケースが少なく、信頼できる会社なのか判断しにくい点がネックです。万が一悪徳業者と契約すると「解体時に近隣住民への説明を行わなかった」「見積もり書になかった費用を請求された」など、後々トラブルに発展するリスクもあります。そのため依頼前には、「解体業の免許を持っている業者か」「安過ぎる見積もりを出していないか」などを確認しましょう。

岡山県北(津山市・真庭市・美作市・鏡野町・勝央町・奈義町・美咲町・久米南町)で創業以来30年にもわたり地域の不動産売却に携わってきた「不動産売却革命(鶴山不動産)」では、解体手続きのお手伝いも行っています。「家を解体すべき?」「どの業者に頼んだら良いかわからない」場合、ぜひ当社にご相談ください。